風俗では『本番禁止』ということが大前提となります

ヘルスやデリヘルという風俗はソフトなサービスが提供されていますので、ちょっと刺激が足りないと感じる時は、オプションを利用して興奮を高めることができます。

デリヘルの場合はプレイ中にオプションを追加する事ができませんので、受付時にお願いする必要があるのですが、アイテムが必要ないオプション(顔射やごっくんなど)の場合は、直接お願いしてみる事も可能だと思いますので、とにかく何か他のサービスを楽しみたいと思った時は、風俗嬢に相談してみるのもいいと思います。

「セックス」という行為を交渉する方もいらっしゃるんですが、風俗での本番行為は禁止となっていますので、「交渉」したりするのはやめましょう。

別料金で交渉するのもNGです。

女の子がOKしてくれたらいいんじゃないの?と疑問に思っている方も多いかもしれませんが、「禁止」とされていることを守れないお客さんには「罰」がありますので気を付けてください。

エッチなことをするために、警察沙汰になってしまうなんて、恥ずかしいと思いませんか?

風俗は、違法にならないように性的なサービスを楽しめる娯楽です。

正しく遊ぶことが大切ですので、利用する前にきちんとルールを理解していただきたいと思います。

コンサルテイション→渋谷高級デリヘル

風俗嬢も女性ですので優しく接するようにしましょう

風俗嬢も女性ですので優しく接するようにしましょう

利用者は風俗でのプレイも通常の性行為と同じであると考えて頂きたいです。

まぁプレイ自体は一般女性がしてくれないようなものがほとんどですけどね。

今回お話しをするのは前戯は大事であるということです。

一般女性との性行為では挿入に向けての準備として…前戯をしっかりと行なわなければならないと考えているはずです。

そうしなければ女性の気持ちが盛り上がらないですし…女性器も濡れることがありませんので挿入することも出来ませんからね。

そんな状態で挿入を試みても相手が痛がるのはお解りだと思います。

コレは風俗嬢とのエッチでも同じことが言えるというわけです。

風俗嬢も普通の女性ですから裸になったら…既に濡れてしまって準備完了ということは絶対に無いのです。

そういう状態になるための準備というのは絶対に必要なのです。

そのことが解らないお客さんが多いみたいですね。

前戯もほとんどしない状態で指入れをしようとしてきたりするそうです。

それでは風俗嬢は気持ち良いどころか痛いとしか思えず…ソコばかりに神経がいってしまいサービスに集中できないというわけです。

この段階を踏まない無理矢理なエッチと言うのは…風俗嬢のサービスのクオリティの低下に繋がります。

なので風俗でも雰囲気や手順をしっかり意識するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする