ブログ

回り道をしない為にここでは公認会計士に向いている人の特徴を紹介します

「自分が公認会計士に向いているかわからない」「やっていけるんだろうか」と不安に思う人は多いはずです。そんな人のために少しでも参考になるよう、公認会計士に向いている人の特徴をご紹介します。この記事を参考にしてから、資格取得の勉強を始めてみることをオススメします。

■数字に抵抗がない人
公認会計士の仕事をする上で、数字に強い人はとっても有利。企業から送られてきた財務書類を見て、正確に数字が記されているかチェックしなければいけません。決算時期など忙しいときは一日中数字を眺めていなければいけないなんてことも。数字に抵抗がなく、計算が得意な人に向いている業種と言えます。

■継続して勉強していける人
公認会計士の資格を取得し就職できたら安泰かというと、そうではありません。他の職種でも言えることですが、資格は働くためのきっかけでしかなく、常に顧客のニーズに応えるためには勉強して知識をつけることが大切です。それと同時に多くの経験を積むことで個人の評判は上がり、出世しやすくなると言えます。

■顧客に対して間違いを指摘できる人
企業が提出してきた財務書類を厳しくチェックするのが監査の仕事です。間違いがあれば時に厳しく指摘しなけらばいけません。「少しのミスなら見逃そう」なんてことをしていれば、決算の間違いが発覚し大問題となります。個人の信用だけでなく、これからの会計士の人生も棒に振ってしまうことになるでしょう。

ミスに目をつぶらずに、毅然とした態度で指摘できる人が公認会計士として求められる人物です。

■相手と円滑にコミュニケーションが取れる人
公認会計士は数字だけ相手にしていたら務まるものではなく、企業の経営者や経理担当者とのやりとりも重要です。中には人当たりのいい人だけでなく、難しい性格の人もいるでしょう。さまざまなタイプの人たちと円滑にコミュニケーションを取っていくことが大切です。

相手といい関係を築いていくことが、仕事を円滑に進める点でも、いずれ独立開業する際にも大事なポイントと言えます。以上が、公認会計士に向いている人の特徴です。資格取得の前に是非参考にしてみてはいかがでしょうか。公認会計士としてのキャリアをスタートさせてからも、努力して勉強していくことがとっても大事。

  • 回り道をしない為にここでは公認会計士に向いている人の特徴を紹介します はコメントを受け付けていません。
  • 公認会計士情報特集

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る