近年多くの女性が公認会計士の資格を取得して現場で働いています。時間のコントロールがしやすく、家庭と仕事の両立がしやすいのが人気の理由です。ここでは、ひとつづつ女性にとってのメリットをご紹介いたします。

■男女平等の評価が受けられる
日本の会社では男性に比べ女性の価値が低く見られがちですが、公認会計士の資格を取得し働くことで、処遇や給料に男女の差は無く平等に評価されます。会計士協会会長に女性が選ばれるなど、女性にとって働きやすい環境と言えるでしょう。

■仕事と家庭の両立がしやすい
女性にとって、結婚・出産・育児は大きな問題。なかなか仕事と家庭の両立は難しいイメージですが、公認会計士なら時間のコントロールがしやすくオススメです。監査法人では「育児休暇」「時短勤務」を設けています。さらに残業ナシや出張ナシなど、自分の都合に合わせて働くことができるのが特徴です。

■転勤がない
自分がしたくなければ、転勤をしなくても大丈夫。強制されることはありません。しかし、旦那様の都合で転勤をしなくてはいけなくなっても、会計事務所は日本だけでなく海外にもあるので、新たに職場を見つけやすいはず。このように結婚を機に退職しなければいけないということはなく、生涯働くことが可能です。

以上のことから公認会計士という職種は非常に女性にとって働きやすい業種だといえます。以前は、男性が多いイメージでしたが、近年女性の割合も増えてきました。資格を取得するには、ある程度辛抱して学習を続けていく必要がありますが、その分メリットは多いはず。

公認会計士として、上手に仕事をコントロールし、自分に合った働き方をして家庭と仕事の両立を目指しましょう。